交通事業部 交通計画課 主任 椛木義孝

北未来技研で活躍する先輩社員をご紹介いたします
椛木義孝

現在どのような仕事をしていますか?

私は、交通事業部の交通計画課に所属しており、道路の整備計画検討が主な仕事です。基本的には地域の抱える課題を分析し、課題を解決できる道路整備計画を検討・提案するというのが業務の流れになります。それに関連して、駐車場の混雑緩和計画の検討や交通事故分析をしたり、道路事業に関するアンケート調査をしたり、輸送される魚や救急搬送に関わる病気について調べたり…など、交通計画の仕事は幅が広いので毎日勉強です。

北未来技研で働く魅力について教えてください

大学で学んだ土木の知識を北海道のために役立てられる会社ということで北未来技研を志望しました。「北未来技研」は、社名通り「北」海道の「未来」のために「技」術を「研」鑽する会社だと思います。
自分が計画・設計に携わった道路が完成して地図に残るのが魅力の1つです。道路整備は税金の無駄という意見もありますが、速達性の高い道路ができることで助かる命が1つでもあれば、整備に要する費用以上の価値があると思っています。
椛木義孝

仕事のやりがいを教えてください

入社して10年になりますが、道路整備は計画の段階から完成するまでに長い年月がかかるので、まだ自分が携わった道路で地図に書き加えられたところはあまりありません。普段から仕事のやりがいは感じていますが、苦労した「あの道路」が開通したときはきっとおいしいお酒が飲めると思います。

仕事をしていくうえで、気を付けていること、必要なことを教えてください

椛木義孝 どんな仕事でも言えることですが、言われた通りのことをただやるのではなくて、相手の意図を汲み取ることや、今後の展開を先読みしながら仕事をすることはとても重要です。
常に考え、疑問点を探しながら質の高い仕事ができるように心がけています。

今後の目標はなんですか

私の出身地でもある道東には、世界遺産知床や摩周湖、阿寒湖、釧路湿原など、見に行く価値のある自然景観がたくさんあります。しかし、北海道の高速道路網は計画の6割程度しか開通していません。
自分の子供や孫の世代は道内を気軽に周遊できるようにしたいですね。

就職活動中の皆さんへ

就職活動をする上で、職場環境は仕事内容よりも、基本給よりも重要だと思いますが、企業のホームページからは判断できません。「アットホームな会社ですよ~」と書いてあっても自分に合うかどうかはわかりませんよね。

面接はいかにも受かりそうな模範解答を述べる場ではありません。自分の考え方や人間性を自分の言葉で伝えて、職場に合うかどうか判断してもらうという考えで臨むと、きっと理想の職場が見つかると思います。